結婚指輪とサイズ変更について

結婚指輪とサイズ変更について 結婚指輪は日常的に使います。
ただ、実際に結婚後使い続けていると、どうしても指が太くなってしまう人も少なくありません。
勿論ずっとはめ続けていればはめる事が出来ないと言う事は有りませんが、何年も使っていなかった人が急にはめようとするとサイズが合っていない為に使えないと言う事は有り得る話です。
ではもし結婚指輪のサイズが合わなくなってしまったらどうすれば良いでしょうか。
お店の多くは、指輪のサイズ変更をしてくれる様になっています。
従って、あまりにも小さくなってしまった時等はサイズ変更をお願いしてみてはいかがでしょうか。
そうすれば実際に使う事が出来ない、窮屈だからうっ血してしまいそうだと言う時でも再び自分にあった指輪にする事が出来ます。
勿論大きくする事も可能ですが、小さくする事も十分可能となっています。
指の太さは年齢と共に変わって行く物なので、自分に合っている結婚指輪にする為にも時には大きさを調整してもらうのも良いでしょう。

結婚指輪を薬指にはめる古い由来

結婚指輪を薬指にはめるのは、西洋の文化が日本に入ってから広く知られるようになり、今では誰もが知っている知識になっています。
教会で結婚式を挙げるなどのことからキリスト教から結婚指輪を薬指にはめるという習慣が伝わったと思われがちですが、一番古い由来は古代ギリシャ時代までさかのぼることができます。
心臓がハートや愛を意味するという考え方は、実は古代ギリシャのころから考えられていました。
そして薬指と心臓は繋がっていると思われていたのです。
実際に太い血管があって、心臓へつながっているのは間違いありません。
だからこそ左手の薬指に指輪をはめることは重要な意味があると考えられていたのです。
そういった由来から愛し合うもの同士が永遠に相手の心をつながっているという意味が生まれて、結婚指輪をお互いにつけることによって男女が生涯を誓い合うという言い伝えが生まれたという説があります。
また愛する人との愛や絆を深めるという意味もあります。