結婚指輪をなくしたことがある人の割合とは

結婚指輪をなくしたことがある人の割合とは 結婚指輪を毎日必ず身につけているという人も多いものですが、たまにしか身につけないといった人もいます。毎日身につけるのが習慣になっているという人もいますし、仕事柄、指輪をしづらいといった場合もあります。
また、指輪のサイズが合わなくなってしまって、ずっとしまいっぱなしというような場合もあります。
そんな結婚指輪ですが、なくしたことがある人も実は多いのです。あるデータによると、結婚指輪を購入した人のうちの2割がなくしたことがあると答えています。
男女によって多少比率は異なり、男性の方がなくしたことがある人の割合が高くなっています。 なくしてしまった理由は様々で、温泉などに出かけた際に外したらそのままどこかにいってしまったとか胸ポケットに入れていたら落としてしまったといったことがあります。
また、大事に保管していたつもりが、いつの間にかどこにしまったのか分からなくなってしまったというような場合もあります。

結婚指輪をなくした時の対処方法

結婚指輪は購入して日がまだ浅く、自分の指に慣れていないといつの間にかとれてどこかにいってしまうことがあります。
結婚指輪をなくした時の対処方法として、まず高額な場合は警察の落し物の担当部署に連絡をしてみることです。
なくした時はとてもショックで焦りますが、まずは冷静になって今日1日の行動を振り返ります。例えばスーパーに行ったらサービスセンターに電話をし、指輪の落し物がないかきいてみます。
あとは歩いてきた道などを下をよく見ながら歩いて探してみます。夜に気づいたら懐中電灯をもっていくことをおすすめします。
あとは洋服のポケットなども見てみるといいです。実際に手を入れてみます。きていた服を逆さにして振ってみるのもいいです。ポロッと落ちてくる可能性もあります。
冬の時期に着るコートは、ポケットが深いため1度だけでなく2度くらい奥深くまで手を入れて探すといいです。なくした時はとにかく落ち着くことです。
慌てて一刻も早くみつかるようにと慌てて探していると、本当はあるのに見つからないという事態になります。